不道徳論

矛盾だらけな世の中で‥

10年後の自分へ「9」

幸福 幸福であることを選ぶ 多くの人が幸福を自分の外に探し求めるが、実際には、幸福はいつでも選べるものなのだ 幸福であるかどうかを選ぶのは自分自身である 幸福になるのを待っていても仕方がない どんな時でも、現状を自由に解釈できる 自分を幸福にで…

雑感「1」

勝負 勝負とは虚しいものだ。 勝負に勝つことは嬉しい。 勝負に負けると悔しい。 人生は勝負か? スポーツやゲームなどでは勝ち負けを決めたがるが人生に勝ち負けなどあるのか? 死んだら負けか? 知名度があったら勝ちか? 幸福だったら勝ちか? 人生に勝ち…

10年後の自分へ「8」

行動 思い切ってやってみる 多くの人が手遅れになるまで気がつかない 苦しみを避けようとすればするほど苦しみが増すのだ 傷つくことに対する恐怖が大きくなればなるほど、ささいなことによって傷つくようになる おそらくあなたは、新しい事業を起こしたいだ…

10年後の自分へ「7」

年齢 年齢を気にしない この世の全ての悲しい言葉の中で、最も悲しいのは 「しておけばよかった」 後悔である あなたがずっとしたいと思ってきたことで先延ばししてきたことはなんだろうか? 自問しよう。 今でなければいつするか? 「 でしょ!」 年を取り…

社会に出たらわかる「1」

学歴 自分はまだ高校生だ 自分の高校は東大に行く人などいない 早稲田に行く人もいない MARCHと呼ばれる大学に行く人も1人いればいい方だ つまり高学歴にはならないレールしか引かれていない こんな話を友達から聞いた 友達は東京の開成高校に通っている そ…

10年後の自分へ「6」

変化 変化を受け入れ、そこには理由があることに気付こう。未来は誰にも分からない。 状況は変化の連続で、時間は誰のためにも停止したりはしない。 数秒で落ち着きから混乱に変わることもある。一見、無害な決定に見えても、地球に衝突する隕石のように私た…

10年後の自分へ「5」

行動 あなたの価値は、発言ではなく行動で決まる。 知識は行動しなければ基本的には役に立たない。 良いことは、待っている人には訪れない。 意味のある目標に向かって努力する人に訪れるのだ。 本当に何が重要かを自らに問い、その答えに沿った人生を送る勇…

10年後の自分へ「4」

覚悟 あなたの人生はあなただけのもの。 他人はあなたを説得できても、あなたの選択を決定することはできない。 だから、あなたが決める道が直感や欲望に沿っているならば、方向を切り替えたり、その道を切り開くことをためらってはいけない。望まないはしご…

10年後の自分へ「3」

死 人生は短く、死は私たち全員に訪れる。それなのに、知人が亡くなると驚いてしまう。 しばらくの間、自分自身のバランスを崩すだろう。しかし、今日を生きるのだ。 死を無視せず、恐れずに。 リスクを気にして、思うように生きられないことを恐れるべきだ…

10年後の自分へ「2」

挑戦 失敗の最大の原因は、始めるきっかけとそのモチベーションを見つけられないことです。 あなたは、歩いた分しか前に進めません。 成功へのはじめの一歩は、失敗への恐怖心を克服すること。 その一歩を踏み出すために、まず小さなことから始めてみましょ…

10年後の自分へ「1」

タイミング 行動するのに完璧なタイミングなどありません。 今すぐ始めましょう このことに気づければ、あなたはもっと有意義な毎日を過ごせます はじめの一歩は決して満足できるものではないかもしれません それでも始めることに意味があるのです

不満「5」

マスコミ インターネットの発展によってどんどん浮き彫りにされていっている、マスコミの偏向報道や情報操作。 いかにも何かが世間で流行っているように見せる「ステマ」や、特定のアイドルのゴリ押しやその逆。 隙あらば一般人を騙してしまおうとしているマ…

不満「4」

容姿 どんな場でも、顔が良ければ得をするというイメージがありますよね。そしてそれは間違いではなく、実際にもよくあることです。ネット上では、日夜「顔」についての損したエピソードが語られています。 例えば就職やアルバイトの際に行われる面接で、周…

不満「3」

就職 就職難ということが近年言われていますが、その一方で働き手が足りないということも言われています。また、少子化も話題となっていますよね。 働き手が足りないのであれば全員就職できても良いはずなのに、実際は多くの会社が人数を絞っているのでそう…

不満「2」

炎上 炎上したという経験をお持ちの方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、芸能人などの著名な方々は多くの人がTwitterやブログでの発言をきっかけに炎上しています。 一昔前は反社会的な行動をしていることや度を過ぎた問題発言が原因で炎上が巻き起…

不満「1」

不満 今ある会社に不満があるとか この会社はブラックだとか 学校に行きたくないとか このテレビ番組は面白くないとか この試合は最悪だとか 今ある会社に対して不満があるなら辞めれば? それだけであなたの不満は消し去ることができるよ? 不満を言ったっ…

人間の弱さ「5」

過信 今日はサッカー日本代表⚽️の試合だ 相手はポーランド 引き分け以上で決勝トーナメント進出だ 前回の試合でキーパーのミスで失点してしまったらしいがそこまでのミスではない そのことに対して文句やいちゃもんをつける人間は何を考えているのだろう あ…

人間の弱さ「4」

自然に勝てない 今日は雨がひどく風も強かった 高校まで自転車で登校しているのだがびしょ濡れになってしまった 何から何まで濡れてしまった さらに風が強かったため漕いでも漕いでも進まない 向こうから来る人は追い風のためスイスイと走り抜けていく 無念…

人間の弱さ「3」

進化 人間は進化し続ける 進化と聞くとプラスの印象があるだろう 本当にそうだろうか 考えてみてほしい 先ほども言ったが、 人間は進化し続ける 本当にそうだろうか 90代の人間 進化途中だ 本当にそうだろうか 20代の人間 進化途中だ 本当にそうだろうか 1歳…

人間の弱さ「2」

人との繋がり 人は孤独であり、また孤独ではない 逆説だが、そんなことを感じた 孤独を感じるのは簡単だ 1人で物思いにふけるとよく思う 孤独とは悲観的なのか 1人であることは寂しいのか 孤独と1人の何が違うのか 孤独という言葉に神秘的な何かを感じる時が…

「必見」幸せはお金で買える理由7選

幸せはお金で買えない? kopooonita30618.hatenablog.com お金があれば不幸を減らせる kopooonita30618.hatenablog.com 仕事をする必要がない kopooonita30618.hatenablog.com いやな人間関係をきり捨てることができる kopooonita30618.hatenablog.com 満員…

人間の弱さ「1」

道具の必要性 今日2018年6月25日 私はカラスに襲われました。 つつかれました。 小学生の日記みたいだが‥ 本当につつかれたのだ。 ちなみに現在高校3年で、自転車で通っている。 自転車をこいでいたら カーカーカー と聞こえ 次の瞬間二羽のカラスが自分に襲…

心が楽になる方法「3」

人から笑われることを怖れる必要はない 人は一生の中でまわりから笑われるという体験をたくさんします。 周りの人は難なくできることなのに、じぶんひとりだけできずに、みんなからなんて不器用なんだと笑われることもあります。 また、みんな知ってることな…

心が楽になる方法「2」

最悪のことなど起こらないと考える 物事がうまくいかないときには、人はついさらに悪いことが起こるのではないかという思いになりがちです。 例えば、 仕事がうまくいってるとき、上司から叱られてもそれほど気にはなりません。 しかし、仕事がうまくいって…

心が楽になる方法「1」

明けない夜はないと楽観的に考える 人生には何をやってもうまくいくときがあります。 一方で、何をやっても、うまくいかないときがあります。 人生には、このうまくいく時とうまくいかない時の繰り返しなのです。 それは、ちょうど、太陽が沈めば夜となり、…

日本のおかしいと思うところ「10」

原発事故がまだ継続中で収束していないのに再稼働する狂気 原発事故は収束してアンダーコントロールなんていう大嘘をかましましたが、最近の記事に「ロシアが解体作業を打診している」と書いたよう、事故は継続中であり収束はしていません。 依然、進行形で…

日本のおかしいと思うところ「9」

国が教育にお金をかけず、学生・若者から利息を搾取して儲けている 近頃言われている「奨学金」問題。 無利子返済を受けられるのはごくわずかで、ほとんどが利息を返還しなければならないタイプのものの貸与を受けています。 そもそも、利息付きで返還しなけ…

日本のおかしいと思うところ「8」

弱者が助けられずにさらに苦しめられる社会 日本は、弱者を切り捨てられる国となってしまいました。 安倍政権下では富裕層が増加し、弱者はさらに苦しめられることとなりました。 消費税率は8%に上昇、実質賃金は連続でマイナスに。 庶民の必需品である軽自…

日本のおかしいと思うところ「7」

「皆同じ」「常識」「空気」に支配され、首を締め合い足を引っ張り合う同調圧力社会 6と関連しますが、個や自分の意志を持つことが許されない代わりに「皆同じ」であるとされ、「常識」「空気」といったものに支配されることを強要されます。 日本では、常…

日本のおかしいと思うところ「6」

感情や個を持たないマニュアルロボット化されている 個人商店など当てはまらない例はあるとして、全体的に日本の接客スタイルが異常です。 接客用語がすべてマニュアルでガチガチに決まっている。 そこから外れた対応はできない、または許されない。バカ丁寧…